2008(H20)年 取材記事一覧

これまで取材していただいた記事等

記事タイトルをクリックすると、全文閲覧できます。ホームページ掲載を許可していただいた各メディアの皆様、ご協力ありがとうございました。

*記事の詳細をご覧いただくためには、Adobeソフトが必要です。(ネット上から無料でダウンロードが可能です)

2008(H20)年

掲載日 記事タイトル 新聞・雑誌名 会社名
1/10 RSN 07年上半期の相談件数401件 ASPAX 1月号 アスパックスメディア
1/20 リカバリーサポート・ネットワーク プレイグラフ 1月号 プレイグラフ社
RSN 上半期報告 相談件数は401件で前年同期比188件の減少 レジャー情報 2月号 レジャー情報新聞社
1/28 全日遊連新年祝賀会 RSNデータ報告 遊技ジャーナル 2月号 遊技ジャーナル社
2/1 ばくち性弱め共存狙う(西村コメント) 朝日新聞 朝日新聞西部本社
2/20 辻 義之課長講和内RSN活動にふれる レジャー情報 レジャー情報新聞社
3/12 医療ルネサンス シリーズこころ 依存症(RSN電話番号掲載) 読売新聞 読売新聞社
5/25 依存問題の電話相談、3月に175件 遊技通信 6月号 No.1344 遊技通信社
6/6 パチンコ依存問題全国2位「やめる方法知りたい」 琉球新報 琉球新報社
6/16 ぱちんこ依存問題電話相談事業報告書 週刊
アミューズメントジャパン
(株)アミューズメント プレス ジャパン
6/25 援助職者養成講座全国展開、’06,’07データ報告の内容 遊技通信 7月号 No.1345 遊技通信社
6/28 06,’07年度のデータ報告 遊技ジャーナル 7月号 No759 遊技ジャーナル社
7/1 援助職者・サポーター養成講座 琉球新報  琉球新報社
7/4 「援助職者・サポーター養成講座」 沖縄タイムス 沖縄タイムス社
7/10 06, ’07年度電話相談データ分析 ASPAX アスパックスメディア
7/29 ホールの社会的活動 フジサンケイ ビジネスアイ フジサンケイ ビジネスアイ
9/8 7月データ報告 週刊アミューズメントジャパン (株)アミューズメント プレス ジャパン
9/10 「ぱちんこ依存問題電話相談事業報告書」 月刊 アミューズメントジャパン 9月号 (株)アミューズメント プレス ジャパン
ぱちんこ依存問題 ギャンブリング問題の理解と対応を事例から学ぶRSNが援助職者・サポーター養成講座開催  ASPAX9月号 アスパックスメディア
9/20 パチンコ依存問題への相談支援 精神科看護 10月号 精神看護出版
RSN依存問題の理解を深めるため援助職者・サポーター向け養成講座を開講 GreenBelt 10月号 (株)アド・サークル
9/25 RSNがギャンブリング問題の援助職育成講座 遊技通信 10月号
No1348
遊技通信社
9/28 依存問題のRSNが「援助職者・サポーター養成講座」 「問題の共有とネットワーク作り」目的に 遊技ジャーナル 10月号 No762 遊技ジャーナル社
10/10 啓発ポスターの効果で相談件数増加 月間 アミューズメントジャパン 10月号 (株)アミューズメント プレス ジャパン
10/20 ギャンブリング問題 職種の垣根を越えて議論 プレイグラフ 10月号  (株)プレイグラフ社
リカバリーサポート・ネットワーク発行の「さくら通信」第17号で各地での活動状況報告と今後の予定を告知 レジャー情報11月号 株式会社
レジャー情報新聞社
10/31 自殺・多重債務の陰にみえる病的ギャンブリング 消費者法ニュース第77号 耕文社
11/1 第三回養成講座のお知らせ リビング北九州 西日本リビング新聞社
11/3 インターネット経由の相談件数が増加 Weekly Amusement Japan 第146号 (株)アミューズメント プレス ジャパン
11/20 リカバリーサポート・ネットワークが「9月度の相談内容」を報告、12月2・3に福岡でのの関連行事告知も レジャー情報12月号 株式会社
レジャー情報新聞社
12/28 依存問題のRSNが福岡で報告会と養成講座 遊技ジャーナル1月号 遊技ジャーナル社

取材について

RSN事務所入り口

映像取材(撮影)は、個人情報保護および相談業務への支障などの事情から、原則お断りしております。ご理解ください。

電話での取材に関しましては、取材内容によってはお断りさせていただく場合もあります。取材前に、メールで取材についてのお問い合わせをお願いいたします。

取材をご希望の場合は、まずe-mailで企画書をお送りください。

  • 企画全体のコンセプトや構成
  • 対象と目的
  • 〆切や期限があれば、その時期

*取材に協力した場合は、できあがった成果物(記事や放送のコピー)を資料としていただくことにしております。ご協力ください。

e-mail:お問い合わせ 取材・講演・セミナー
TEL&FAX:098-871-9671
(相談回線への取材電話は、固くお断りいたします)