よくあるご質問

RSNに関するよくあるご質問です。

質問をクリックすると回答を見ることができます。

Q.相談料金は?

A.
相談料金はかかりません。ただし、 通話料がかかります(相談者のご負担になります。ご了承ください)。 出来るだけご負担を軽くするため、通話料金が安いインターネット回線を利用したIP電話を利用しています。 携帯電話の場合は、加入プランによって料金体系が異なります。

一般加入電話からの場合    11.34円/3分 *NTT東日本・NTT西日本からの場合
携帯電話・PHSからの場合   発信側事業者の定める、IP電話着の料金
   *携帯 15.75円~42円/1分   PHS 10.5円~42円/1分    
公衆電話からの場合       10円(税込)でかけられるのは18.5秒
   *NTT東日本・NTT西日本からの場合
IP電話からの場合        OCN提携IPフォンは、無料 

*目安としては、一般加入電話の場合は、市内通話料金と同じくらいとお考えいただくとよいと思います。

Q.秘密は守られますか?

A.
相談の際に、名前を名乗る必要はありません(情報提供書をご希望の場合には、誤配信を防ぐためにお伺いいたします)。もちろん、個人の秘密は厳守いたします。相談を受ける相談員は、守秘義務(秘密を守る義務)契約をした専門家です。個人情報が外部に持ち出されることはありません。

Q.情報提供書とは何ですか?

A.
電話相談をお受けした方に対して、地域の相談先の情報を整理してe-mail、FAX、文書(封書)にして差し上げます。また、ご希望であれば、地域の相談先に相談に行かれる際にご持参いただけるよう、電話相談でお聞きした内容を整理して文書を作成いたします。
 同じ話を何度も繰り返すのは、場合によっては非常に疲れる作業です。ご希望の方には、できるだけご負担を軽くできるようお手伝いいたします。

Q.情報提供書は、どのようにしたらもらえますか?

A.
電話相談の際に、情報の受け取りの方法とともにお申し付けください。e-mailアドレスやFAXをお持ちの方は簡素化、スピードアップのためご協力をお願いいたします。誤配信を防ぐため、お名前とお電話番号をお伺いします(もちろん、秘密厳守は徹底いたします)。

Q.e-mailで相談できますか?

A.
電話相談をお受けした方にe-mailで情報提供することはありますが、e-mailのみのご相談はお受けできません。より正確な情報を提供するために、電話相談で詳しい状況などをお聞かせください。
ハンディキャップや聴こえの問題がある方は、この限りではありません。

Q.電話できないのですが、電話以外に相談する方法はありますか?

A.
電話相談が原則的ですが、ハンディキャップや聴こえの問題がある方に限って、e-mail、FAX、文書でのご相談をお受けいたします。あらかじめ、電話できない事情があることを明記の上、ご相談ください。できるだけ、対応できるように工夫いたします。
*聴こえの問題がない方、ハンディキャップなどの事情がない方は、電話相談をご利用ください。

Q.取材したいのですが?

A.
映像取材(撮影)は、個人情報保護および相談業務への支障などの事情から、原則お断 りしております。ご理解ください。取材に関しては、「取材について」をご覧ください。

Q.直接行って相談することはできますか?

A.
原則的には、電話相談のみに限らせていただいております。お住まいの地域で利用できる相談機関をご紹介いたします。

Q.なぜ、「ぱちんこ」とひらがなを使っているのですか

A.
「パチンコ」は、カタカナの表記が一般的ですが、私たちは、団体・組織名称においては法規上の正式な表現である「ぱちんこ」を用いております。カタカナ、ひらがなの表記については、読みやすさ、伝えやすさを優先しておりますので、団体・組織名称以外の表記に関しては柔軟に対応しております。