ケアする人のケアセミナーin沖縄 

人はなぜ助け合うのか

ケアする人のケアセミナーin沖縄

 チラシをダウンロード

*詳細は、下記リンク先でもご覧いただけます。
たんぽぽの家 ケアする人のケアセミナーin沖縄


12/20(土) ワークショップ プログラム [ ↓ クリックで開く ]

ワークショップ
 14:00~16:00

ケアなど人との関わりにおいて必要とされるコミュニケーション能力。アートや方言など多様な表現方法がそれを高め、豊かにします。気づきやリフレッシュにもなる学びのワークショップです。

ワークショップ1(会場:研修室B)定員25 名

◎表現を楽しむ
障害のある人や認知症の方も実践できる描画アートのワークショップです。作業療法を取り入れたケアの現場の 事例や表現技法を学び、アートを通じてのコミュニケーションを体験します。
※作業のしやすい服装でお越しください。
[講師] 金城 光政(もとぶ記念病院診療部作業療法科 作業療法士)
照屋 盛之(沖縄リハビリテーション福祉学院作業療法学科講師)


ワークショップ2(会場:研修室C)定員30 名

◎方言とケア
方言は身体言語といわれています。しかし、その方言は時代とともに姿を消しつつあります。しまくとぅば(沖縄方言)の表現の豊かさ、奥深さを楽しみながら、あたたかさのある関係づくりについて考えます。
[講師] 野村 朝常(特定非営利活動法人沖縄語普及協議会)
[ファシリテータ] 西村 直之(認定NPO 法人リカバリーサポート・ネットワーク代表)


ワークショップ3(会場:会議室B)定員30 名

◎写真の力
人や共同体を癒し、心を育む「写真」。「写真の町」北海道東川町の事例をもとに、写真の可能性と、人と人のつながりの回復について考えます。
[講師] 勇崎 哲史(写真家)

[ × クリックで閉じる]

12/21(日) セミナー プログラム [ ↓ クリックで開く]

セミナー
 10:30~16:30

沖縄の歴史や文化のなかには、ケアや支え合いの地域づくりのヒントがたくさんあります。さまざまな事 例から学び、これからの時代のケアと共同体のあり方について考えます。


10:00~10:30 受付
10:30~10:35 開会あいさつ


10:35~10:55 
◎キーノートスピーチ「ケアとは何か」

人は「悲しみの器」といわれています。その悲しみと向き合い、痛みをかかえる人を世話することで、 新しい生命のつながりに気づき、感動も生まれます。それはまた痛みをともなうことでもあり、 時には無力感におちいることもあります。しかし、そこから人間的に成長する人がたくさんいるのも 事実です。悲しみに向き合うことで生まれてくる可能性について考えます。

講演:播磨 靖夫(一般財団法人たんぽぽの家理事長)
障害のある人たちの生きる場「たんぽぽの家」づくりを市民運動として展開し、アートと社 会の新しい関係をつくる「エイブル・アート・ムーブメント」を提唱。「アートとケア」「ケアす る人のケア」の研究を通して、ケアの文化の創造に取り組む。平成21 年度芸術選奨文部科学大 臣賞(芸術振興部門)受賞。


11:00~12:30
パネルディスカッション1 「沖縄の看取りの変遷と行く末」

病院や施設で亡くなる人が多い現代社会において、「死」は日常生活から切り離され、不安や恐れ のイメージに覆われています。過疎化、高齢化、核家族化が進み、沖縄独特の死生観や葬儀の風習が 消えつつあるなか、島の人々の生と死を見つめ、文化を伝えてきた人たちがいました。人と共同体を 癒し、再生させる看取りのこれからのあり方を考えます。
< 話し手>
野田 伸一(国際島嶼教育研究センター元教授)
綾部 真雄(首都大学東京社会人類学研究室教授)
玉城 浩江(八重山福祉保健所主任保健師)
< 進行>
西村 直之(認定NPO 法人リカバリーサポート・ネットワーク代表)


12:30~13:30 休憩・昼食


13:30~13:50
音楽パフォーマンス

まちを元気にする音楽パフォーマンス。アートやエンターテイメントの持つ力は、ケアの可能性を 広げます。
< パフォーマー>
特定非営利活動法人まちづくりNPO コザまち社中


13:55~15:25 
パネルディスカッション2 「助け合う共同体の再生」

共同体は、生きることを支え、生きる意味を与え、生きる価値をつくるところでした。しかし、現代 はその共同体がくずれ、人びとは孤立化しています。人と人、人と自然、人と社会、人と大いなる存 在の分断を乗り越えて、どのように現代につながりを再生すればいいのか、身近なところから考えてみたいと思います。
< 話し手>
堂園 晴彦(堂園メディカルハウス院長)
犬塚 拓一郎(コザ市民大学)
安村 勤(NPO法人 地域活動支援センターウェーブ所長)
長嶺 房子(日本網膜色素変性症協会沖縄県支部支部長)
< 進行>
播磨 靖夫(一般財団法人たんぽぽの家理事長)


15:30~16:30
意見交換会(フリートーク)

質疑応答など、講師を交えて自由に語り合う時間です。是非ご参加ください。

[ × クリックで閉じる]


申込み先

受付は終了しました。

 12月20日(土)のワークショップは定員に達したため、終了しました。

 12月21日(日)のセミナーは、当日参加可能です。会場の受付にお声かけください。


会場アクセス

◎ワークショップ:2014年12月20日(土)
健康文化村 カルチャーリゾート フェストーネ
住所:〒901-2224 宜野湾市真志喜3-28-1
TEL:098-898-1212  FAX:098-898-1733
URL: http://festone.jp
交通アクセス:http://festone.jp/content/view/21/36/
会場地図:

宜野湾市真志喜3-28-1

◎セミナー:2014年12月21日(日)
沖縄コンベンションセンター
住所:〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜4-3-1
TEL:098-898-3000 FAX:098-898-2202 
URL:http://www.oki-conven.jp/
交通アクセス:http://www.oki-conven.jp/access.html
会場地図:

沖縄県宜野湾市真志喜 4-3-1